矯正してるとバレない方法があるらしい

アメリカのアニメーション映画で、クマノミが大冒険する日本でも大人気のストーリーがある。そのお話に出てくる粗暴な女の子は、主人公を始めお話に出てくる海の仲間たちの恐怖の対象なのだが、その女の子がニカッと笑うと、ギラギラの矯正器具が口の中に見えていかにも恐ろしいイメージをかもし出している。昔から歯列矯正に用いる矯正金具は、白い歯の上を不自然に銀色で飾り、不恰好で美しくないアイテムとして知られている。ところが、最近はなんと、矯正していると傍からはわからないような、優れた矯正装置が出ているそうなのだ。



歯列矯正は子どもがするものと思っている人も多いかもしれないが、実は成人してから矯正治療をする人も少なくない。聞くところに寄れば、子どもの頃に矯正をしても成長とともにまた歯並びが悪くなってしまったり、大人になってから生えてくる親不知が影響して、歯並びを悪くする例もあるそうだ。

歯周病予防で歯スッキリ(歯槽膿漏、歯肉炎、歯周炎)予防

その点大人になってからの歯列矯正ならば、その後の成長でまた歯並びが悪くなるという可能性もより少なくなり、何より本人の意思で矯正治療をするのだから、効果も違ってくるというものだろう。保護者に歯列矯正を強いられていてる子どもの矯正と違い、自分のためにする大人の矯正は、仕事や日常生活に配慮して、より目立たずに治療ができる矯正装置を装着するために、多少経費が割高になることも、いたしかたない。

チタン | 製品情報 | 新日鉄住金

また、矯正して美しくなった歯並びを保つために、矯正終了後も定期的に歯科医院に通う必要があるそうなのだが、わざわざお金をかけて矯正したのだから、美しさを維持するためにその後も通院するということは、その人にとってはなんの苦労でもないようである。