自己破産は最後の最後の手段

世の中お金じゃない、愛があれば何でもできる、という言葉があるが、結局は地獄の沙汰も金次第である。ギャンブルや浪費癖などは別にして、世の中には自分ではどうにもならない理由で借金を背負い込む人がいる。借金を返すために借金を繰り返す、いわゆる自転車操業で首が回らなくなっている人がこの世にどれだけいるのか計り知れない。そんなとき、「自己破産」という言葉がきっと頭を掠めるだろう。けれども安易にその道を選ぶ前に、一度思いとどまってほしい。

仙台 任意売却

まず、自己破産をすると今まで背負っていた借金からは解放されるかもしれないが、不動産や20万以上の価値のある車は取られてしまう。引っ越しや長期旅行ですらも、許可なしにはできなくなり、クレジットカードも作ることができなくなってしまうのだ。また、就ける職業も狭まってしまう。

離婚で財産分与・慰謝料・養育費を不払いにする簡単な方法?(1/2) | ビジネスジャーナル

債務整理をしてみたら、意外と返済額が少なくなっていたというのはよくある話だ。借金が多すぎる、もしくは借金が長く続いている人は特に、一度弁護士や司法書士、または国民生活センターなどに問い合わせてみるといい。グレーゾーン金利によって、過払い金が発生し、そのお金が返ってくるかもしれないからだ。また、他にも金利を引き直したり、将来の利息を減らしたりといった、任意整理という手段もある。

大分県弁護士会

あくまで、自己破産は最後の最後の手段にすべきである。